横浜でガレージハウスを建てるために知っておきたいこと

普段から車によく乗るという人や、実用性だけではなく趣味としても車を楽しんでいるという人にとって、ガレージハウスを魅力に感じる人も多いのではないでしょうか。ガレージハウスは車庫と家が一体になっている家のことをいい、一般的には1階部分がガレージ、2階以上が居住スペースになっています。横浜でガレージハウスを建てるために知っておきたいメリットとデメリット、注意したいポイントをご紹介します。

 

◼ ガレージハウスとは

モダンなガレージハウス

ガレージハウスとは、車庫と一体になっている家のことをいいます。車を停めるスぺースを家の中に確保することから、ガレージハウスのっ他にも「ビルトインガレージ」や「インナーガレージ」と呼ばれることもあります。1階部分をガレージ、2階以上を居住スペースにすることが多いですが、郊外などで土地を広く取ることができる場合は家の横に駐車場を用意したり、家とは別でガレージを建てたりすることもあります。

 

しかし都心部では狭い土地に家を建てることも多く、駐車場やガレージを別で用意できないことも多いのが実情。とはいえ生活において車が必要な場合もあるため、都心部でもガレージハウスが選ばれることが増えています。

 

◼ ガレージハウスの魅力

ガレージハウスの魅力

家の中に車を停めるスぺースを確保するガレージハウスでは、何といっても家を出てすぐに車に乗れるのが魅力ですよね。しかしガレージハウスには他にもたくさんの魅力があるため、ガレージハウスを検討している場合はぜひ参考にしてみてください。

 

・雨の日でも乗り降りしやすい

家と併設して駐車場を用意していたとしても、家の近くに駐車場を借りていたとしても、停めている場所が屋外であれば雨の日の乗り降りがネックになってきます。荷物が多いときや子供がいる場合には特に大変ですよね。しかしガレージハウスでは家の中に車を停めているため、雨に濡れることなく乗り降りすることができます。荷物や子供の乗せ降ろしも、屋外に停めている場合と比べて楽になるはず。雨に濡れてほしくないような物も簡単に車に積むことができるのも嬉しいポイントです。

 

・車を保護できる

車を大切にしている人にとって、雨ざらしの状態で車を保管することが嫌だと感じる人もいるかもしれません。雨風を浴びると砂ぼこりによる汚れが付着したり、紫外線によって色褪せたりすることもあります。屋根付きの駐車場でも雨を避けることはできますが、台風のような横から降ってくる雨などからは完全に守ることができません。

 

ガレージハウスの場合は屋根だけではなく壁やシャッターもあるため、台風のときでも外の影響を受けることがありません。飛来物が当たってしまうようなこともなく、汚れが付着しにくいため洗車の回数を減らすこともできます。車が好きな人にとって、車を雨風から守れるのは大きなメリットだといえるでしょう。

 

・防犯面で安心

ガレージハウスの魅力として防犯面で安心だという点もあげられます。隣の敷地や道路と自分の家の敷地の境界線にフェンスなどを設置して敷地を囲うことクローズド外構、フェンスなどを設置せず囲わないことをオープン外構といいます。フェンスなどを設置すると建物部分に使用できる敷地が狭くなることからオープン外構が選ばれることが多いですが、開放感がある一方で防犯面が気になるというデメリットもあります。

 

オープン外構の家で車を外に停めていると、いたずらをされたり物が飛んできて当たったりしてしまうこともあります。その点ガレージハウスであれば車を家の中に保管しているような状態なので、車に関する防犯性が高いといえます。

 

・趣味としての車を楽しめる

ガレージハウスには実用的な面でたくさんの魅力があることをご紹介してきましたが、車を単なる移動手段としてではなく趣味として楽しんでいる人もいます。ガレージハウスでは車を停める場所としてはもちろん、ガレージ部分を趣味の空間として楽しむこともできます。好きな車を近くに置いておくことができるため、インテリアの一部として楽しむことができ、リビングからガレージが見えるような設計になっていてソファから眺めたりすることも。

 

また車が好きな人にとって、お手入れも趣味の一つだという人も多いかもしれません。屋外の駐車場で洗車をしている人はよく見かけますが、ガレージでも車のお手入れをすることができます。天候に関係なく、ワックスがけや車内の掃除などを行えるのはガレージハウスの特徴です。またお手入れに必要な道具やタイヤなどもガレージに保管することもできます。

 

車が好きな人はもちろん、ガレージ内にアウトドアグッズやサーフィングッズなど、他の趣味のものを置いておく空間としても使用できます。ガレージ部分に十分なスペースを割けるのであれば、ロフトを設けたり書斎にしたりと使い方は自由自在です。このように実用的な目的はもちろん、趣味の空間としてガレージハウスを建てる人もいます。

 

◼ ガレージハウスでの注意点

ナチュラルなリビング

を所有しながら都心部で家を建てようと思っている人、車が好きな人は、ガレージハウスに魅力を感じている人も多いかもしれません。ガレージハウスを建てると、一般的な家にはない注意点を頭に入れておく必要があります。実際に家を建てる前に行っておきたい、ガレージでの注意点をご紹介します。

 

・居住スペースとのバランス

ガレージハウスを建てる際に注意したいポイントとして、居住スペースとのバランスがあげられます。郊外でももちろん建てられているガレージハウスですが、駐車場を用意することが難しい都市部で建てられることも多いガレージハウス。ガレージ部分も建ぺい率や容積率の計算に入るため、居住スペースが狭くなってしまうことがあるのです。1階部分をガレージにする場合、2階建てではなく3階建てにすることで居住スペースを補うことはできますが、建築費用がかかることや階段の上り下りが大変になるといったデメリットも考慮する必要があります。特に横浜でガレージハウスを検討している場合は、居住スペースとのバランスをしっかり考えることが大切です。

 

・台数やサイズの確認

ガレージハウスを建てるときには、当然のことですが停める車の台数やサイズを事前に確認する必要があります。家を建ててから車が入らないといったことになってはガレージハウスの意味がありません。また現在は車を一台しか所有していなかったとしても今後二台に増える可能性があったり、大きいサイズの車に買い替える可能性があったりする場合は注意が必要です。将来設計まで考え、家族で共有した上で決定するようにしましょう。また頻繁に来客があるような場合にも、ガレージに停めてもらうのか近隣に停めて来てもらうのか、といったことも考えておくと親切かもしれません。

 

・騒音や排気ガス対策

家の中に車を停めるガレージハウスでは、車を出したり停めたりするときに居住スペースにまで音が聞こえてくることも。朝早い時間や夜遅くに車を使用することが多い場合、家族の睡眠を邪魔してしまう可能性もあります。ガレージと寝室が隣り合っていたりする場合は特に注意が必要です。実際に住むまではどのくらいの音がするのか分からないこともあるかもしれませんが、間取りを決める際には騒音対策もしっかり行うようにしましょう。

 

また屋内に車を停める場合に気になるのが排気ガス。排気ガスが充満して家の中まで入ってくるのでは?と気になる人もいるかもしれません。しかし車を外に出すときにはシャッターを開けてからエンジンをかけ、車を入れるときにはエンジンを切ってからシャッターを閉める、といったようにすると排気ガスがこもってしまうようなことはありません。エンジンを切った直後などはガレージ内に排気ガスのにおいが残っていることはありますが、我慢できないほど気になったり家の中にまで入ってきたりするようなことはほとんどないといって良いでしょう。それでも気になる人は窓や換気扇を設置するなどの対策を取ると良いかもしれません。

 

◼ ガレージハウスが向いているケース

白いガレージハウス

ガレージハウスの魅力と注意点をご紹介してきましたが、どのような人にガレージハウスが向いているのでしょうか。自分の生活スタイルに合った家を建てるためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

・とにかく車が好き

ガレージハウスは、とにかく車が好きだという人におすすめです。ガレージハウスは実用性のある家でもありますが、趣味としての側面でも魅力が詰まっています。家の中に車を停めるため、屋外に停める場合と比べて車との距離が近くなります。いつでも鑑賞したい、気軽にお手入れしたいといった人にはガレージハウスが向いているといえるでしょう。

 

・お子様がいる

ガレージハウスはお子様がいるご家庭にも向いている建築方法です。お子様がいる場合には、家から離れた場所で車に乗せるのが難しいこともあるはず。雨の日に大変なのはもちろん、駐車場で走ったり道路に飛び出したりする危険性もあります。家の中に車を停めているガレージハウスでは、大変な思いをすることなく且つ安全に車への乗せ降ろしを行うことができます。

 

・駐車場を借りたくない

ガレージハウスは、駐車場を借りたくないと思っている人にもぴったりの建築方法。家に隣接した敷地に駐車場を用意するのであれば良いですが、車に乗るために家と近くの駐車場を往復しなければならないのが手間に感じられることもあるかもしれません。そういった場合には家の1階部分をガレージにすることで手間を削減することができます。

 

◼ まとめ

ガレージハウスの建築事例

ガレージハウスの魅力と注意点をご紹介した上で、どのような人にガレージハウスが向いているかということをご紹介してきました。横浜は都心部に近く都会的な面もありながら、車での生活もしやすいエリアでもあります。広い土地を確保しにくい横浜で車を停める場所に悩んでいる場合には、ガレージハウスを検討してみてはいかがでしょうか。ホームスタイリングは横浜や湘南で注文住宅の設計を行っています。ガレージハウスをご検討の際はぜひお気軽にご相談ください。

サヌールハウス

鎌倉山ガレージハウス

ジャパネスクモダン